産後ケアリスト

産後ケアリストの資格でお仕事

産後ケアリストの資格を検討中ならコレ

産後ケアリストの資格取得の合格への最短コースは以下のページで、今年の詳細が詳しく分かる、最新案内を無料で貰えます。

 

 

 

 

もくじの見出しリスト

 

1.産後ケアリストの資格を検討中ならコレ
2.産後ケアリストの資格取得後の就職
3.産後ケアリストの資格取得後の求人は?
4.産後ケアリスト資格取得後の新ビジネスモデル
5.産後ケアリストになると貰える給料は?
6.産後ケアリストの資格を活かしてブログで収入を得る方法も
7.産後ケアリストの資格の種類
8.産後ケアリストの資格とパワープレート
9.産後ケアリストの資格は、日本産後ケア協会が認定
10.産後ケアリストの資格を効率よく勉強する為に

 

 

2014年からスタートした、産後ケアリストは、政府の厚生労働省もガイドラインを出して応援し行政全体で盛り上げ、応援していく方針になっていて、現状資格を持ってると、他の方々との差(いかに適任なのか)第三者にあなたの持ってるスキルやキャリアが、非常に分かりやすくなります。

 

 

赤ちゃんを出産されたママが、産後子育てや仕事復帰したい場合等の為に、妊娠、子育て全般の分野でアドバイスして、ママの気持ちの負担を軽くしてあげる事ができる、いつでも気軽に相談する事ができるプロフェッショナルで、スペシャリストな資格となっています。

 

 

産後ケアリストの資格は、子育てと仕事がしっかり両立できるように、心身ともにカウンセリングをして、サポート活動する事を主に専門とした、新規の民間資格です。

 

 

この産後ケアリストの資格がまだ日本に無かった頃、出産されたママはをサポートするような職種が無かった頃は、ママとお子さんが安定してきたら、数日で退院して自宅へ帰っていました。

 

 

しかし、これだといくら体が母子ともに安定してきたからとは言え、今まで赤ちゃんが居なかった家庭に、急に赤ちゃんが居る様になるので、ママはこころの休まる事も無く、さまざまな事が始めての事ばかりで、不安で仕方無いですよね。

 

 

昔はそんな時の為に、お腹の中の赤ちゃんが小さい時から里帰り出産をしようと考える人も多かったですし、親と一緒に暮らす夫婦も多かったので、両親が一緒になって赤ちゃんや家事の面倒を見てくれるケースが多かったのです。

 

 

だけど、最近は核家族だったり、実家の家庭環境の事情だったり、子供の頃の両親との関係性等、さまざまな問題から両親との接点があまり無かったり、親と出産時に深くかかわりたくない方や、頼れる人が居ない方等が非常に増え、出産の為に実家に帰るという割合も低い状態になり、またそのような文化も大分少なくなってきたのが現状です。

 

 

昨今では、育児ノイローゼや、子育てのストレスから産後うつになってしまって、夜泣きがうるさかった等、赤ちゃんなら当たり前でしょ?という様な昔であれば親子の思い出話になりそうな事ですが、最近ではそんな些細な要因が原因で虐待事件等の行為をしてしまい、その後大々的にニュースになって、家族が崩壊するような事がここ最近起こっていて、社会的な問題にもなっています。

 

 

こういう社会問題はあってはならないですし、寄り添って助けてくれる、気持ちを理解してくれるて、それを解決する方法を、産後ケアリストの方に教えて貰えたら、私はこんな風にならなかったのに・・・そう思う方も、実際沢山居ます。

 

 

また最近では、結婚し妊娠するものの夫と別れ、シングルマザーで育てるママもとても多いです。

 

 

そんな中で、ボランティアや有料のサービス等でお話しを聞いて相談に乗ってくれる方が、誰か側に居てくれてると凄く頼りになるのです。

 

 

いちばん大変な時に、色々な悩みを聞いて貰えて、うつ状態になりそうな時は心の相談もできて、体が辛い時には家事代行もしてあげられるそんな人が居てくれたらと産後は誰でも思うのです。

 

 

産後ケアリストの資格所持者の方が手助けをしてあげて、相談役や味方になる事が出来れば、産後うつの患者さんも減って行きますし、潜在的な産後うつになりそうな方も、初めの病んで来るうちに話を聞いて相談に乗ってあげる事が出来れば、心の闇から開放されていくのです。

 

妊婦さん

 

その位、産前や出産子育てというのは大変で、こういう時どうしたらいいのか?と出産した直後のママは、いくら出産前の妊娠中に予備知識や子育てのさまざまな技術等を勉強して準備していたとしても、急には対応できず、気疲れしてしまったり、心も体も不安定で、あたふたしてしまったりする感じの方が多いです。

 

 

そして日々、赤ちゃんと一緒に生活する中で、とっさに起こる事態に対応できる知識やノウハウ等は、始めてのママさんは特に、専門的な事を学ばれた真の価値あるノウハウ(方法)を知ってる方に聞きたい事だらけです。

 

 

今スグ質問したい、援助して貰いたいと思う事も、ものすごく多いです。

 

 

そんな時に耳を傾けてあげる事ができてお母さんや赤ちゃんの健康面も、バランスを崩しやすいメンタル面も、しっかりサポートして協力してやれるお仕事、頼りにされる存在が、産後ケアリストの資格を所持してると、とても役に立つのです。

 

 

すでに日本の大女優の知名度の高い方が、出産の際に韓国で、産後ケアリストの資格を持った方のフォローを、数年前に受けられたのも話題になりましたので、興味を持たれた方もすごく増え、多くの方に評価、認知されたのは記憶に新しいのではないでしょうか。

 

 

産後ケアリストの仕事は、基本どこかに属さないといけないという訳ではなく、もちろんどこかの企業や施設やに属して働く事もできますし、マッサージやボディケア・メンタルケア業界で、産後のママが来店されそうな事業所で、すごく活かせる事が多いです。

 

 

また個人事業主として独立し、地域に密着して、あなたのペースで一人でビジネスをやっていく事もできますので自由なライフスタイルで仕事をする事もできます。

 

 

また独立して個人経営するのはちょっと自信が無いという場合でも、お勤めの選択肢も大幅に増え、有利になります。

 

 

またこの認定を受けると、あなたの家から通勤するのに負担の無い範囲の勤務地で、勤務形態もあなたの都合に合わせて仕事を選びやすくなり、また面接時も同時に応募してこられるライバルよりも、十分知識のある優秀な人材となりますので有利になって来ます。

 

 

産後ケアリストの資格を取ると就職、転職がしやすく最終的に生計を立てやすく、現職を辞めてフリーランスになる事も、比較的カンタンになって来ます。

 

 

また、起業家としての選択肢の道も広がり、あなたの知識を今助けを必要としてる方々に還元できる、新たな人気の子育て支援のお仕事となって行きます。

 

 

しかもこの産後ケアリストの資格(技能検定)は、どなたでもスグに資格を取る事ができる点もすごく良いです。

 

 

去年1級の認定をして貰ったばかりという方でも、バリバリ仕事をこなして時間的にも収入的にも豊かになられてる方が、かなりいらっしゃいます。

 

 

出産直後のママの体も心も、しっかりと回復させて、そしてママの育児の不安を取り除いてあげる知識と、一生使えるスキルを学習して、身に着け、キャリアアップする事ができます。

 

 

また場合によっては必要性があれば、1泊2日で仕事をしてあげる事もできます。

 

 

赤ちゃんが生まれたばかりのママは、いくら医師が呼べば来てくれると分かっていても、医師や看護師に相談しにくい事や聞きづらい事もあったりで、病院とは直接関係の無い資格を持ってる方になら、気兼ねなく聞けるという事も多かったりします。

 

 

また、出産直後は、何故か涙が止まらなくなって、産後うつでサポ―トが必要だったりする時がよくあります。

 

 

そんな時に、これからママになる方々を、しっかり支えてあげられて、役に立てるのがこの、産後ケアリストの資格です。

 

 

最近では、TVでもよく放送され紹介され、利用者のニーズがかなり増えていってますので、人材が求められる事が、将来十分予想されます。

 

 

また、退院した後のセルフケアの方法や考え方等をお伝えしていくのも、産後ケアリストの資格所持者のお仕事分野で、注目の職業にもなってきていて、サービスを利用する方も、ものすごく増えて来ています。

 

 

以下は、出産後の支援施設のサービスを受けたい人に向けてのYoutubeにアップされた動画です。

 

 

大阪の自治体で応援してる支援施設の動画ですが、これだけ職業としても確立されてくるとますますニーズが高くなり、今の段階では需要対して供給数が追い付いてないのが事実です。

 

 

 

産後ケアリストの資格取得後の就職

実は今、衆議院、参議院の常任委員会の厚生労働省で、この少子化対策の為、事業に対しての積極的な取り組みがあり、今後、国家予算の7億円以上の予算が全国各地の産後ケアリストの方々が活躍できる事業に近日、段階的に資金が投入されていくそうです。

 

 

おそらく今後も国会でも前向きに、議案として審議されます。

 

 

従って、出産後の施設等が大幅に増設されオープンし、出産を終えたママさん達が、安全に社会復帰できるように、産後ケアリストの資格を持った方の求人が求められる事が多くなって来るに違いないです。

 

 

また施設も数多くオープンしていく事で、これから出産子育てになるママさん達は、食に関しての知識だったり、家事に関しての知識だったり、大切な赤ちゃんに関しての大事な知識だったり、心配な事だらけです。

 

 

つわりが来る前から、子育てをする上で日常生活をに必要になって来る包括的な知識を、スグに教えて欲しいと思われる方が今以上に増えて行きます。

 

 

また妊婦さんや、母子ともにサポートする資格としては、一般財団法人 (財)日本医療教育財団が主催している、産前産後ヘルパー技能認定(ニチイまなびネットに講座アリ)があり、スクーリング等の実技や沐浴等を含めた講義を学んで、資格を取る事ができます。

 

 

また、産前から産後迄のママさんをサポートしていく一般社団法人ドゥーラ協会(https://www.doulajapan.com/)が認定してる、産後ドゥーラ(doula)もあります。

 

 

ロールプレイングや出産後の知識や、救命の実習等があり全部の講義に出て検定を受けれるようになります。

 

 

ちなみにこれら3つの資格取得迄、最短で取得できたとしてかかる時間は、以下のリストの様になっています。

 

 

実際、現在資格をお持ちの場合は、以前大変な思いをして1年間以上、長期に渡って聞きなれない言葉が沢山出て来るような、難しい筆記試験の合格を目指して勉強をされた事も過去ありましたよね?

 

 

実際これから出産に関しての仕事に就かれるのであれば、専門知識を得る為にどの位の時間が最低かかるのかは、先に把握しておくのがベストで、以下の最低かかる時間を最初に把握しておく事で、試験に相応したカリキュラム勉強の為の時間を捻出できるようになります。

 

 

スキルアップして就職、転職を目指す為に勉強されるようでしたら、以下の時間は概算、最低どの位かかるか把握なさっておいた方が良いです。

 

 

比較検討リスト

  講座 その他

資格取得迄にかかる
おおよその最低トータル時間

産後ドゥーラ

基礎 7時間×5日間
実習 7時間×5日間

試験 5時間
認定式

(開業の指導7時間×2)
合計 89時間

産前産後ママヘルパー 講座 26時間

スクリーニング 17時間

スクリーニング 17時間

試験 1時間

合計 44時間
産後ケアリスト 2級+1級

2級 6時間
1級 3時間×12

2級取得後に1級
1級は試験と面談

合計 42時間

 

 

 

一般社団法人 日本産後ケア協会が認定してる産後ケアリストの資格を持ってる人の供給よりも、サービスを利用したい需要の方が必然的、圧倒的に多い状態になって来ています。

 

 

その為、今のタイミングで産後ケアリストの資格取得を目指し認定されると、お仕事に就けるチャンスは非常に大きくなります。

 

 

また自ら独立開業して、産後ケアリストを必要としてる方々を支援し、あなたのペースでお仕事をする事もできますので、やりがいのあるしっかりと自立できる収入を得る事ができる可能性がイッキに増えます。

 

 

あなた自信が大きく飛躍できる、プライベートの面でももビジネスの面でも調整しやすくなり、産後ケアリストは、理想のライフスタイルを手に入れる事が出来る最高のツールとなります。

 

 

あなた自身の為にも、ご家族の為にも、産後ケアリストの資格取得は、大きなメリットをもたらしてくれる魅力がある事は間違いありませんので、非常におすすめです。

 

 

産後ケアリストの資格を取ると、医療機関や、産褥入院施設、宿泊型福祉施設等の業界で属して働いたりして、筆記、実習等で習得したスキルを安定的な収入に変えていきやすい、穴場のスキルとなっていきます。

 

産後ケアリストの資格取得後の求人は?

求人

 

お仕事は、東京に協会本部を置く、一般社団法人日本産後ケア協会の団体が主催する、認定試験に合格すると、産後のヘルパーさんがいる事業所や、子育ての支援団体、ベビーシッター業務を営む事業所、24時間体制の産後ケアセンターや、助産婦さんの居る助産院等医療の現場と連携してる様な施設でも求人が出てたりして働けるのが、一つの特徴です。

 

 

また性別や、今までのスキル等は関係なく、出産経験が無くても認定して貰う事ができます。

 

産後ケアリスト資格取得後の新ビジネスモデル

また産後ケアリスト資格取得後の仕事の経験を活かして、自宅開業も可能です。

 

 

もっと大きくなってくると自宅ではなく事業所として、これから子育てをするママさん達の悩みを対象とした カウンセラー等のお仕事や全国の出産後の為に用意された施設等のセミナーや福祉施設等での、商業活動も可能になってきます。

 

 

産後ケアリストで勤めると、いくら貰えるという、収入の上限は大体20万円〜30万円の報酬が相場です。

 

 

ですが、自営であれば頑張り次第で上限を超えていく事ができ、順調に仕事をこなしステップアップしていく事も、やり方によっては現実的に可能になって行きます。

 

 

あなたのライフスタイルや目標に合わせて、この産後ケアリストの資格を上手く活用し、包括的にアドバイスできるようになり、多くの方々に頼りにされます。

 

 

また、すでに癒し系(リフレクソロジーやアロマテラピー)のサロンの運営関係者さんや経営者さんには、ケアリストは非常に向いています。

 

 

またエステティシャン、医療機関に勤務の方、保育士さん等で就業されてる方、ケアストレスカウンセラーや、米国NLPの認定心理カウンセリングをお持ちの場合、公認心理師法等の国家資格をお持ちの場合等のお仕事をなさっていらっしゃる場合も、ケアリストは非常に有効になって来ます。

 

 

メンタルケア分野で活躍するお仕事を今現在なさってる場合、産後ケアリストの資格取得は、結果的にケアリストになると収入の拡大に繋がるチャンスが増えますし、多くの方がその道の、専門的な知識を豊富に知ってて教えて貰える、情報提供して貰える専門家なんだと認知してくれます。

 

 

出産に関連する教室や事業所等での業務に携わっていらっしゃったり、出産に関連する行政機関で働いていらっしゃる場合等、全てにおいて産後ケアリストの資格を取る事は、非常に役に立つ傾向にあります。

 

 

また、別の子育てに関連する資格をお持ちだったり、ずっと保持していらっしゃったりする場合は、ケアリストと他の資格と組み合わせる事で、更に多くの方に認知して安心して貰える様になり、結果的に業務の繁栄に繋がりやすくなります。

 

 

更には、産後や育児、ボディケア等はまだ実務経験が無いけど語学が得意という場合も、非常にあなたを飛躍させますので、オススメです。

 

 

そして、首都圏等は特に、アメリカ、フィリピン、韓国ほか、諸外国の外国人で日本に住まれている方も多いです。

 

 

近年、言葉のほとんど通じない日本で出産される外国のママさん等は、言葉の通じる方で、日本語で通訳して回りの方に伝えてくれる、また日本人が話してる事を通訳して伝えてくれる事によって理解力が増すので、ケアリストの専門家による育児支援のニーズを求める傾向が、非常に増えています。

 

 

それに対して、日本人でありながら外国語で会話ができる方の数は圧倒的に少ないので、語学の力があって産後ケアリストの資格を持っているという方等は、今は正直ひっぱりだこなのが現状です。

 

 

実際フリーランスで開業して通訳もできるという方の場合、自宅に訪問して、心のケアをしてあげたり赤ちゃんの保育を代行してあげたり、半日程度で1万円位貰ってる人もいますし、2時間で幾ら、1時間で幾らと決めた額を頂戴してる方もいます。

 

 

またサプリメントアドバイザー等の認定を持ってると、産後ケアリストの資格と掛け合わせた時に、一般の方々はその道の専門家としてみてくれますので、何も認定等持ってない方が、例えば、

 

 

『BELTA葉酸サプリが天然成分で良くて、無添加で製造されてて、カルシウムも鉄分も豊富で、体内で葉酸は50%しか吸収しませんので、このサプリメントが体内で、たっぷり吸収されてあなたに元気を与えてくれます。

 

 

口コミで広がって、沢山の人が愛用してて、モンドセレクションで、市販薬では無いのでリスクも無く、沢山の出産を終えた先輩方が愛用してるので、あなたにも赤ちゃんにも元気を与えてくれますので、頭痛や腰痛や便秘には必見ですし、厚生労働省もサプリメントを取る事を推奨しています。

 

 

専任のスタッフさんの窓口もあるので、購入は楽天か公式サイトで購入なさって日頃からの摂取を。』

 

 

という感じで、いくらお話しても、話を聞かれてる皆さんは、本当かなぁという印象を持たれてしまい、すんなり良さが伝わらないのですが、サプリメントアドバイザーの資格を持ってる方が、産後ケアリストの資格も持ってると、

 

 

『これ、出産した後の健康に良いですよ。』

 

 

と言うだけで多くを語らなくても、その良さそうというのが、伝わってしまうものです。

 

 

その位今は、専門家で信頼性があると評価されてしまう時代ですので、産後ケアリストの資格と他の専門的資格を組み合わせる事で、全く相手に対しての伝わり方が違って来ます。

 

 

つまり産後ケアリストだけでも、十分今後の仕事に有利になりますが、何かの資格を持ってる方が、他の資格やお仕事と組み合わせると、更にその価値は高まる訳です。

 

 

妊婦さん、出産後のママさんや、パパさんを中心に、その方々に関連するお仕事をされている様であれば、この産後ケアリストの資格は、あなたのスキルアップ、収入アップに繋がるきっかけになる事は間違いありませんので、真剣に前向きに検討されるのが最もベストな選択と言えます。

 

 

また体に関する専門職に就かれてなくても、産業カウンセラー等のお仕事をされてる場合も、産後の社会復帰してく為の仕事についての専門家になる事ができたりしますので、産後ケアリストがあなたの仕事にも活用できるケースが沢山あります。

 

産後ケアリストになると貰える給料は?

産後ケアリストの給料

 

産後ケアリストの資格を取得すると、幾ら位貰えるのかというと、給料として貰える金額は各事業所ごとに報酬が、すべて違います。

 

 

お勤めでお仕事に就かれる場合、働く職場や時間によって給料は変わって来ますので、一概に幾ら位という基準値はありません。

 

 

20万円から30万円前後になるのが、一般的な相場です。

 

 

ですが、新卒者でも就職難なこの時代、採用者を選ぶ際は、ケアリストの資格を持ってる方が当然優遇されますので、産後ケアリストの資格を活かせるお仕事の採用面接等を受けられる際は、当然有利になって来ます。

 

 

また就職という方法を選ばずに、個人事業として取り組んだ場合も、ケアリストは頑張り次第、やり方次第で月に得る事ができる収入は変わって来ます。

 

 

また、一人でお仕事を行う場合にしても、どこかに雇い主が居て拘束されてる訳ではありませんので、ケアリストになると比較的自由度が高くなり、休みや仕事の時間も自分のペースである程度自由に決める事が出来るようになりますので、普通にケアリストの資格を持ってるという事で雇われて働くよりも、資格を持つと毎日のライフスタイルが充実して来る事は、間違いありません。

 

産後ケアリストの資格を活かしてブログで収入を得る方法も

ブログで収入

 

産後ケアリストの資格を取って、仕事をする様になると、さまざまな経験を実践を積み、経験をもとにスキルを上げていく事ができます。

 

 

またお仕事の経験から、お客さんのプライバシーに差し支えない範囲で、ケアリストとしてブログに記事を書いていく事で、その情報を知りたい人、あなたのサービスを受けたくなる人、会って話を聞きたくなる人は実際、すごく沢山居ます。

 

 

これから認定を受けたいと思ってる場合は、何か役に立つ知識を得たい、そう思っている方々は沢山いますから、ケアリストの資格で経験した実例をブログという形で情報を届ける事もできます。

 

 

赤ちゃんのごはんの作り方や、お世話の仕方、想像できるとっさの緊急事態等、一連の内容を書いて公開すると、そこで記事を見てる側も、これから出産後に起こるさまざまな問題の場面が想定できますので、評判が良く人気の高いブログになる事が多いです。

 

 

また広報活動にも繋がりますし、ブログを通じてコメント等からいくつかのやり取りができ、きっかけはブログを通じての相談相手だったのが、やがてそこからお仕事に繋がるケースも多々あります。

 

 

また今はスカイプやLINE等の無料通話等も使い、遠く離れた場所であっても、ブログをきっかけにオンラインで情報を提供して、仕事にしていく事もできます。

 

産後ケアリストの資格の種類

産後ケアリストの資格の種類は現在2種類。

 

 

2級と1級の資格は、試験に合格する条件があり、2級より1級の資格が良いです。

 

 

まず2級は、妊婦さんや産後のお母さんへの、ボランティア活動等はできますが、お仕事として金銭を貰う事ができません。

 

 

つまり、2級の資格の場合は、お金を稼ぐ事は出来ないという事です。

 

 

ですが2級は、1級の資格を得る為に、段階的に知識を身に着けてスキルを上げていく事ができますので、取り組みやすいです。

 

 

2級はどのようなものかと言うと、1級を受講する為の資格を得る為でもありますが、2級の場合、いったいどのようなものか、どんな仕事をするのか等を含めた概念や、出産されたママさんとのコミュニケーションを円滑に行う為の、知識やテクニック等を学ぶ講座です。

 

 

2級の認定を得てもお金を稼ぐ事はできませんが、ボランティア活動等を行う為に産後ケアリストの2級の資格所持者である事を、名刺やHP(ホームページ)、ブログや、Facebook、インスタグラム等各種SNS等に記載する事ができます。

 

 

2級を持っているという事を掲載できる、権利を貰える事になっていますので、対価を貰わなければ認定を受けている事を宣伝して、あなたのボランティア活動等に活かし、現場での経験を積みながら人の役に立つ事ができます。

 

 

更に、2級は特典があり、上記でも触れた様に、報酬を得ないボランティア活動ならOKで、会員だけが参加できるセミナーへの参加権が貰えます。

 

 

2級に合格する事で、1級になって報酬を得る迄の実践、経験が詰める上に、セミナーに参加して知識を学ぶ事ができますから、参考になる講義を沢山受ける事もでき、1級への合格への近道ともなります。

 

 

また特典は別に要らないという場合は、休会か退会も可能です。

 

 

収入と人生設計

 

そして産後ケアリストの資格の1級になると、資格を全面に使って、産後ケアリストの資格を活かした就職先を探して就職したり、フリーランスでお仕事をして、所得を頂く事ができるようになります。

 

 

産後ケアリストの資格1級の試験は、2級に合格してる人が対象者ですが、もちろん1級に合格すると、協会が主催するイベント等で活動できたり、セミナーおよびイベントに優先的に呼んで貰える等、仕事をするにあたり、特別待遇の特典がいくつもあり、さらにスキルアップを強化され、現場のニーズや過去の実例を基に、就労に役立つさまざまな特典が用意されています。

 

 

また産後ケアリストの1級は、どの位の報酬を貰えるのか?というのは気になるところですが、どこかに属して働かれるのであれば、そのお勤め先のお給料になりますので、相場というものはありませんが、当然、全国各地で、就職先の施設を探す時も有利になって来るのは間違いないです。

 

 

そして、独立開業した場合は、どこかに属して働くよりも収入が増える可能性は多いにありますので可能性は存分にあり、あなたの人生をより豊かなものにしてくれるものになっています。

 

産後ケアリストの資格とパワープレート

最近女優のI・Sさんも取得した事で有名になったパワープレート、こちらを産後ケアリストの資格と組み合わせると、出産後のママの体型維持アドバイス等のお仕事の専門家になる事もでき、かなりニーズが高いです。

 

 

今の時代、全員が美容健康志向で、身体のケアをする為全国各地の市町村に、沢山のスポーツジム等がある程ですので、産後ケアリストの資格を取得した後の展開も楽しみになって来ますし、産後ケアリストの資格とパワープレートの資格を組み合わせた方は、まだまだ割合的に見てもほんとに、ほとんど皆無に近いので、かなりニーズが高くしっかり稼ぐ事ができる職業になりそうです。

 

 

またスポーツの分野ではピラティスやヨガ等のインストラクターさんも産後ケアリストの資格は非常に役に立ち、キャリアアップに繋がります。

 

 

産後ケアリストの資格は、日本産後ケア協会が認定

産後ケアリストの資格2級、1級は、一般社団法人日本産後ケア協会(URLhttp://sango-care.jp/)が認定してくれます。

 

 

また試験合格後、入会金等を支払い協会会員に登録して貰う事で、一般の方からもしっかりと資格を持っていらっしゃる方なんだという事を、理解して頂ける様になります。

 

 

2級の場合は、準会員として申請すると、報酬が発生する仕事はできない制限がありますが、ボランティア活動ができるようになり、また公に名刺やWeb上に記事を書いたりした時等、産後ケアリストの資格2級を所持してる事を公開できますので、あなたのサポートを必要とする方が感じるアドバイスの信憑性、信頼性も高くなります。

 

 

また産後ケアリストの資格1級の試験は、育児補助を始めとした内容の筆記試験と、理事面談があり、それぞれ合格すると、正会員として登録できます。

 

 

正会員として登録された後は、実務で対価を得る事が可能になって来ますので、それなりに収入になって行きます。

 

 

準会員、正会員共に年会費が必要になりますが、正会員になると協会のロゴが使用できたりしますから、それだけでまた、あなたへの信頼度のブランディングに使う事が出来るようになりますので、依頼する側も安心してサポートを依頼してくれる様になります。

 

 

この1級の登録をする事で、今後毎月、給料や報酬を貰っていく事が可能となります。

 

 

この産後ケアリストの資格取得の為の試験に合格するには、当然ながらしっかりと自分で勉強する必要があり、、1日黙って座って何か講義を受ければ、資格が貰える様なものではありません。

 

 

必要な知識や情報を得て、産後ケアリストの資格を取る為に、試験を受ける必要があります。

 

 

ですが、必要な知識と言えど、どの位勉強すればいいのかというと、産後ケアリストの資格2級なら5時間程度の講義を受けて、後はしっかり復習して試験に挑めば合格も見えて来ますし、1級なら35時間程度の勉強をして試験に合格すれば、合格後は認定を受ける事ができます。

 

 

日本産後ケア協会で資格を取る場合、会場は東京限定で、2級は申し込みの時に4万7千520円、合格した時、認定料と協会入会金と年会費が24840円かかりますから、全部で7万2千360円用意していれば産後ケアリストの資格2級の認定をして貰う事ができます。

 

 

日本産後ケア協会で、1級を申請する際は申し込み時に20万5千200円で申請し、受講料やテキスト、試験代を支払います。

 

 

1級の合格時に1万6千200円で認定して貰う事ができますから22万1400円あれば1級の認定迄済ませる事ができます。

 

 

日本産後ケア協会でカリキュラムを受ける際は、通学講座もあり、東京にお住まいでは無くて、通学が難しかったり、また通学する時間は無いけど受講したいという希望者さんに限り、動画配信のeラーニングで、インターネット上で視聴して、学ぶ事ができます。

 

 

臨場感のある講座を大学教授の先生方のナレーションが講座の動画編集部でまとめられていて、原稿テキストと動画を合わせて、あなた専用のアカウントでログインして、産後ケアリストの資格を取る為の全編を学ぶ事もできます。

 

 

この場合2級検定講座が3か月間、動画は2時間40分のもので、受講料が47520円が申込の際に、必要になります。

 

 

産後ケアリストの資格を取る為の2級講座の受講料、テキスト、それから最後の検定試験の料金が含まれています。

 

 

無事2級の試験に合格すると、2万8840円を支払う事で、協会に年会費を支払い入会する事ができ、認定して貰う事ができます。

 

 

2級の資格を得て協会に入会すると、報酬の発生しないボランティア活動はスグにでも行えるようになります。

 

 

そして1級の認定講座の場合は6カ月間の、動画は10時間30分のもので、こちらもテキストが付いてきますが、1級の受講料と認定試験代を含め20万5200円が申込む時に必要になります。

 

 

1級の6章から8章の部分は実習が中心の講義になるのですが、この1級の6章から8章はインターネットだけではなく、直接実習を受ける事ができます。

 

 

値段だけ聞くと高価に感じるかも知れませんが、車の免許でも習い事でもその位の費用がかかったりしますので、今後収益を毎月得ていく仕事になる事を考えるとそう高くない事がお分かり頂けると思います。

 

 

また1級を無事合格できれば認定して貰った後に、晴れてお仕事として報酬を得れる様になり、1級の認定料は1万6200円です。

 

 

また色々な都合で、ちょっと今は休会しておきたいという事であれば、資格を取った次の年以降3年以内なら休会しておく事もできます。

 

 

また保育士さんや、アロマの資格等を始めとした分野の資格をお持ちの場合、ヨガインストラクター等のお仕事をなさっていらっしゃる場合、食育アドバイザー関連のお仕事をなさってる場合も、この産後ケアリストの資格を取得する事で、更にお仕事できる環境が幅広く広がり良い方に変化する事が多いです。

 

 

またネイリストさん等も一見出産や育児とは関係なさそうと思う方も多いのですが、女性のお客様が多く、また普段は爪の手入れをネイリストとしてしてあげながら、出産を迎える方にはアドバイスができたり、育児のサポートをしてあげたり、相談に乗ってあげる事もできますので、どのジャンルにも応用が利く認定になって来ます。

 

 

ケアリストの資格取得2級、1級の合否に関して、どこがダメだったのかとか何個間違っていたのか、アンケートの回答に関して等、お聞きになりたい方がたまにいらっしゃるのですが、個別の問い合わせをしても、合否は通知で分かりますが、もちろん試験に関しての詳細、その他問合せは不可で当然回答は無いです。

 

 

また、2級の資格を飛ばして、1級の資格を取る、級位の飛び級はできませんので、1級を目指すなら、必ず2級の入門編から入って試験に合格して、さらに上位レベルとなる1級の応用編をマスターしていく必要があります。

 

産後ケアリストの資格を効率よく勉強する為に

通信講座で勉強

 

産後ケアリストの資格を取る為に、効率よく勉強するにあたり、やはり試験の勉強だけに専念できるという方は、なかなか居ないです。

 

 

今現在どこかにお勤めだったり、何か今やらなきゃいけない事があったり日々の雑務の中で、試験合格への知識を学んでいく事が必要です。

 

 

その為効率の良い勉強法は、あなたの空き時間を使って、シッカリ勉強できる方法を選ぶのがベストです。

 

 

産後ケアリストの資格を取る為に、カリキュラムをあなたのペースで勉強を進めていって、しっかりと試験合格の為、資格取得の為の知識を得て、合格を目指すなら是非一発で合格したいですよね。

 

 

その産後ケアリスト認定資格が取得できる本格講座は、ヒューマンアカデミーが、協会が公認してくれてる教材をまとめ、用意して提供してくれてます。

 

 

キャリアアップとスキルアップ

 

ヒューマンアカデミー(haa.athuman.com)は、キャリアコンサルタント、医療事務、介護福祉士、保育士、ベビーマッサージ、BTECチャイルドマインダー、等を始め日本フードアナリスト,
スタイリスト,不登校訪問専門員やネイリスト等あらゆる資格取得や、診療報酬請求事務能力認定試験等を始めとした試験対策のための通信講座、通学による資格習得対策や、コミュニケーションメンター育成コース等、実用的な、いろいろなノウハウを細分化して詳しく教えてくれる大手の学校です。

 

 

首都圏を拠点に全国に校舎も用意されてる、数々のプログラムが用意された、業界最大手の各ジャンルの通信・通学のスペシャリスト総合養成スクールです。

 

 

日本初のヒューマンアカデミーがカリキュラムの発祥といっても過言ではない講座もあり、資格取得と言えばヒューマンという位業界のパイオニア的存在で、産後ケアリストの資格だけでも十分有利に仕事を選んだり、個人事業を行ったりできますが、この資格と組み合わせると、更にケアリストの資格を持ってる方よりも更に有利になり、為になるという講座が、沢山用意されています。

 

 

例えば、夫婦の問題に関してのカウンセラー、岡野あつこさんの基礎講座であったり、マクロビオティックA級、マクロビオティックS級、といった食事に関しての資格だったり、アロマテラピー検定1級・2級の講座だったり、セラピーの資格だったり、これらはほんのごく一部で、産後ケアリストの資格を取られた後も、さらに組み合わせて勉強するとあなたの生涯役に立つスキルとなって行きます。

 

 

今後のあなたのさらなるスキルアップ、収入アップしやすくなる講座が用意されていますので、今後の事を視野に入れて考えても、本格的に産後ケアリストの資格の勉強をなさる事がオススメです。

 

 

産後ケアリストに合格して、ネイリストやセラピスト等、自主的にさらなるスキルアップをしたいという場合は、他の資格と組み合わせて、あなたのやりたい仕事の専門家にどんどんレベルアップしていくのもすごく毎日充実して来ますので、いかがかと思います。

 

 

会社の所在地は、東京都新宿区西新宿にあり、全国各地に校舎が用意されていて通学もできます。

 

 

プロの専門家が、効率よく合格する為の最短コースで、無駄を省いて教育してくれますので、結局産後ケアリストになる為の、最短コースで安く勉強していける様に通信も通学も、カリキュラムが用意されています。

 

 

このケアリストの資格取得の為の、ヒューマンアカデミーのカリキュラムを実践すると、あなたが時間の資源が無くても、本当に仕事が忙しい場合でも、無理の無いペースで学んでいく事ができます。

 

 

もちろん出産後に関連する仕事に従事した事も無い、全くの初心者さんでも、意味が分からない事ができるだけ無い様に、しっかり解説されたカリキュラムに作られています。

 

 

産後ケアリストの資格取得の為のヒューマンアカデミーの講座のメリットは、あなたのスケジュールや体調に合わせて、取り組めない時は自宅で勉強に、無理矢理取り組まなくて良いですし、あまり時間が無い時は30分ないし1時間という時間で集中して取り組む事もできます。

 

 

また、お休みの日等は4時間とか半日とかまとめて勉強して、あなたのペースでしっかり勉強していくのもアリですから、忙しい中でも時間を効率良く使って、スキルアップ、収入アップを目指す事ができます。

 

 

産後ケアリストの資格を取る為、学校に入学して通って学ぶ為、メリットとデメリットがありますが、例えば本業も忙しいとか、他にもやらなければいけない事があるなんて場合は、自分の用事を優先してスキマ時間で勉強できるとういう点では、ヒューマンアカデミーは良いです。

 

 

またあなただけではなく、ご夫婦2人で一緒に勉強してもとても役に立ちますし、夫婦で一緒に出産後の方が多く訪れる、また接する機会の多い仕事を共になさってるなら、ケアリストの資格の勉強を一緒にするのも、互いに理解が深まり、また既存のお客さんに役立てる事も出来てとても楽しく、生涯あなたの役に立ちます。

 

 

また無駄なお金を使う事もなく最短コースで資格取得まで、費用も安くしっかりとケアリストの資格取得の為の試験に合格する為に、必要な知識を効率良く学ぶ事が可能になります。

 

 

産後ケアリストの資格2級の講座内容は、実際のお仕事の実例や、実用的なコミュニケーション学等を始めとしたケアリストの資格を取る為に、必ず必要になって来る2級試験の対策専用のカリキュラムで、試験対策をしっかりと学ぶ事ができ、1級の取得を目指事がリアルになる為の、第一ステップとなります。

 

 

更に、産後ケアリストの資格1級が、最後の級(最高レベルの資格)になりますが、基礎的な知識から栄養や、赤ちゃんをお世話する方法やホスピタリティ他、こちらも無駄なく試験に合格し、仕事に活かせるワーク、赤ちゃんの子育ての仕方等、一環して実践に活かせるポイントをまとめた、専用カリキュラムが用意されていて、効率良く最短ルートで学び、スキルアップしていく事ができます。

 

 

今後、産後ケアリストの資格を取得できるかどうかは、キャリアアップできるかどうか、重要な別れ道ですので、まずはこのヒューマンアカデミーの講座を受講するかどうか、無料で資料をご請求なさって概要や受講の流れを確認なさって、あなたのこれからの人生の選択肢をより豊かなものになさってみて下さい。

 

 

詳しくは、こちらから資格を取る為の、認定講座をご覧頂けます。

 

 

また、ヒューマンアカデミー株式会社には、通学コースもあり、色んな雑誌やネットのメディア等で取材を受けてる学校ですから、産後ケアリストの資格取得に関しての講座は、折り紙付きで、多数の合格者を輩出してる実績を持つ、最新鋭のカリキュラムや設備が整った学校です。

 

 

通学コースでは、看護師さんや助産師さん等、現場で活躍し、社会貢献し、全力で取り組んでいらっしゃる第一線のプロの方からの、活躍の場での話等が聞けたりしますので、確実にあなたのスキルが成長していける様になっています。

 

 

スクール校舎の場所は、東京 (協会/赤坂見附校)でも行われていますし、,ヒューマンアカデミーの各校舎でも、産後ケアリストの資格取得の為の、通学コースの授業が行われています。

 

 

ヒューマンアカデミー校舎一覧リストは、以下になります。(2017年データ)
(以下の各校リスト記載の住所で、授業が開催されていますが、ご覧になられるタイミングによってはリストの中の詳細(めったにありませんが、市町村の住所の改正だったり、ビル名の変更だったり、移転だったり)情報が以下の表記と変わる事がありますのでご注意下さい。

 

 

オープンキャンパス等に向かわれる際は、住所連絡先等念のためリストとの違いが無いか確認して向かわれると間違いないです。)

 

 

以下のリストに記載のヒューマンアカデミーの校舎に通うメリットは、同じ目標を持つ学生の皆さまとお話しできますから、悩みを相談したりできるお友達もできますし、先生はあなたの味方ですから、分からない事は納得がいく迄説明して、適切に教えて貰えます。

 

 

 

北海道地方 北海道札幌市中央区北三条西2丁目1(NC北専北三条ビル5F)
東北地方 宮城県仙台市青葉区中央3-1-22 (エキニア青葉通りビル7階)
中部地方

静岡県静岡市葵区紺屋町11-4 (太陽生命静岡ビル 5F)
静岡県浜松市中区鍛冶町124 (マルHビル 5F)
愛知県名古屋市中村区名駅3-26-8 KDX名古屋駅前ビル 9F

関東・甲信越地方

新市中央区万代4-1-11(太陽生命新潟ビル 6F)
栃木県宇都宮市大通2-2-3 (明治安田生命黒崎ビル 1F)
千葉県柏市柏4-5-10 (サンプラザビル 6F)
埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-7-5 (ソニックシティビル 24F)
東京都新宿区新宿3−1−13 (京王新宿追分ビル 8F)
東京都中央区銀座2-6-4 (竹中銀座ビル 4F)
東京都立川市曙町2-10-1 (ふどうやビル 8F)
神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2-17-1 (相鉄岩崎学園ビル 9F)
神奈川県横浜市南区別所1-14-1 (イトーヨーカドー横浜別所店 2F)
東京都板橋区成増2-21-2 (ダイエー成増店 4F)
東京都目黒区碑文谷5-6-1 (イオン碑文谷店別館 3F)

中部地方

静岡県静岡市葵区紺屋町11-4 (太陽生命静岡ビル5F)
静岡県浜松市中区鍛冶町124 (マルHビル5F)
愛知県名古屋市中村区名駅3-26-8 (KDX名古屋駅前ビル9F)

近畿地方

京都府京都市中京区烏丸通錦小路上ル手洗水町670番地 (京都フクトクビルディング3階)
奈良県奈良市西大寺東町2-1-63 (サンワシティ西大寺2F)
和歌山県和歌山市美園町5-1-8 (山榮ビル8F)
大阪府大阪市北区芝田1-1-4 (阪急ターミナルビル10F)
大阪府大阪市中央区南船場4-3-2 (ヒューリック心斎橋ビル9F)
大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1-5-1 (あべのルシアス9F)
兵庫県神戸市中央区三宮町1-9-1 (三宮センタープラザ東館5F)

中国・四国地方

岡山県岡山市北区中山下1-8-45 (NTTクレド岡山ビル15F)
広島市中区鉄砲町8-18 (広島日生みどりビル1F)
香川県高松市浜ノ町1-20 (COM高松2階)
愛媛県松山市勝山町1-5-2 (愛媛学園勝山校舎内)

九州地方

福岡県北九州市小倉北区浅野1-1-1 (小倉駅アミュプラザ西館8F)
福岡県福岡市中央区天神1-10-13 (天神MMTビル8F)
熊本県熊本市中央区城東町2−18 (通町ビル7F)
鹿児島県鹿児島市西千石町17-3 (太陽生命鹿児島第2ビル1F)
沖縄県那覇市牧志1-19-29 (D-naha 8F)

 

 

資格を取る為の、入学申込み締め切りの日程(年月日)や、日程、開催日等は以下より無料資料請求してご確認頂けます。

 

 

またヒューマンアカデミーの校舎は、オープンキャンパスも定期的に行われていて、(土)、(日)もやっていますので、見学等も大歓迎してくれます。

 

 

本気で資格取得を目指していらっしゃったり、どうしようか悩んでいらっしゃったり、同じような業務に役立つ資格があるけど、どれにしようか迷うという場合は、校舎に見学に行って、あなたの目で講師陣や生徒さん等も生でご覧になって、お話しを聞いてリサーチして、トータル的にあなたにとってどうなのか、税込価格いくらかかるのか等、チェックしてみるのもアリです。

 

 

上記ヒューマンアカデミーの校舎リストで受験に備えて、講師の方から直接指導して貰えるので、分からない部分も具体的に納得いく迄聞く事ができ、力を付けるスピードも吸収も早いです。

 

 

産後ケアリスト2級認定講座は6時間程で基礎をしっかりと学習する事ができ、また2級認定講座修了後、試験に合格できると、1級の認定講座だとコミュニケーションスキル等実践的な内容を含め、1回3時間の全12回36時間で終了するコース等で受講できます。

 

 

ただ、産後ケアリストの資格の勉強をする為に、上記リストのヒューマンアカデミーの学校(会場)に行けるかどうかというのもあったりします。

 

 

遠方にお住まいがあって毎週通って通学する事が難しい場合や、忙しすぎて校舎に行く時間は無いけど、今の現状を変えたいという場合もあるかも知れません。

 

 

また、継続してヒューマンアカデミーの産後ケアリストの講座で勉強すると、すぐに気がそれてしまって継続できる自信がないという場合は通学や、1日集中コースを希望されるのが、向いていたりします。

 

 

3つの勉強スタイルから、期間、開講場所、テキスト等を含めた講座の内容や、税込幾らかかるのか等の講座の詳細は、以下より資料を請求なさって、どの方法を選ぶのがあなたにとって効率良くスキルアップできる方法で、検討なさるのが一番良いです。

 

 

今回、産後ケアリストの資格を取得したら、あなたの人生がより良くなるのでは?と感じていらっしゃる様であれば、まずは無料資料請求して、費用内訳(税込価格)等も含め、今後のあなたのあり方を踏まえた上で、具体的な内容を確認検討して、今よりもはるかに充実した毎日を手に入れて下さい。

 

 

 

 

ホーム RSS購読 サイトマップ