産後ケアリストの資格 仕事先

産後ケアリストの資格と仕事

産後ケアリストの資格は沢山の仕事に活かせます

産後ケアリストの資格と就職先はどんな所があるの?

 

産後ケアリストの資格を取ると、仕事ができる幅が広がります。もちろん、産後ケアリストの資格が無いとできないのか?というとそうでもないのですが、仕事に就く上で面接時に有利になる事や、実際の業務に当たり、昇格する場合等にもその選考材料としてあなたの価値を高めてくれます。

 

 

厚生労働省は2013年11月から少子化対策として積極的にこれから子育てに励むママさん達を精力的に支援する取り組みを行っていて、2014年に入り全国で産後ケアセンター等を精力的に増設しています。

 

 

これからますます厚生労働省も力を入れて来てくれますので、産後ケアリストの活躍の場が増え、需要が高まって行きます。

 

 

特に、産後のママと密接に現在関わってお仕事をされている方にとっては、産後ケアリストの資格を取得されるとスグにそのスキルを活かせる現場がありますので、これからの人生にとって、役に立つ事は間違いないですし、妊婦さんと良く接するお仕事の方等にとってもかなりプラスになる資格です。

 

 

就職先としてのジャンルも幅広く、産後ケアリストは出産直後のママさんと密接にかかわって来ますが、心理的なカウンセラーから、産後の体を整えるスポーツインストラクターさんや、お料理教室関連の方々がこの資格を活かす事もできます。それだけではなく、例えばアロマを販売なさってる方がこの資格を取る事で、産後の方々に良いアロマケアを用意できたり、マッサージや整体等の業務にもこの資格が活きて来ます。

 

 

産後のママと赤ちゃんに携わる人なら、ほぼどなたでも役に立つスキルになって来るのが、産後ケアリストの資格。

 

 

産後ケアリストの資格を取得なさると、かなり幅広いジャンルでのそのスキルの活躍の場があるのです。

 

 

こちらの記事も、よく読まれています。

産後ケアリストの資格と仕事記事一覧

産後ケアリストの資格

お産を終えたお母さんは、特に一人目の場合、今まで未体験だった事を急にせざるを得なくなってきます。そして、その不安と毎日の赤ちゃんへの対応によって、うつ病になってしまう。これが産後うつです。旦那さんにも助けを貰いたい、そう思っても旦那さんは朝から出社。家に残されてるのは、ママと赤ちゃんだけ。そして1日...

≫続きを読む

 
ホーム RSS購読 サイトマップ